PR


投げ釣りで狙うカワハギ釣り

カワハギ釣りは難しいけど面白い釣りです

投げ釣り初心者さん向けのコンテンツです

このページは、これからカワハギ釣りを始めようと思っている方へ参考になればと思っています。 カワハギ釣りと言えば、船釣り(沖釣り)をイメージする人が多いのではないでしょうか。

私は、波止(堤防)やサーフから投げ釣りで狙います。投げ釣り師の中に、カワハギは投げ釣りの対象魚では無いという方もいますが、私は中々楽しい釣りだと思っています。

カワハギは日本各地で釣れる

カワハギは、関東以西の沿岸に多く分布しており、岩礁地帯や藻の多くしげった場所に生息しています。また、防波堤回りの水深のあるところに付く事があります。

カワハギを美味しく頂ける旬は深場に落ちる冬ですが、こうなると投げ釣りでは狙えないので、乗合船に乗っての釣りになります。

このカワハギですが、地方によって様々な名前で呼ばれています。私の住む兵庫県では、ハゲとか丸ハゲなどと呼ばれています。

投げ釣りで釣れる時期は、沖磯などは一年中釣れる所もあるようですが、サーフや波止(堤防)などから狙う場合は、地域によって多少の違いはありますが、夏の後半から秋までで、水温の下がる冬は深場に落ちて行きます。

2種類の釣り方

投げ釣りでカワハギを狙う場合、投げ竿を複数本出して置き竿で狙う方法と、竿は1本のみで竿を手に持ち誘いをかけながら釣る引き釣りという方法の2種類があります。

引き釣りの方が面白い

ちなみに、私は引き釣りで狙います。

こちらの方がカワハギ釣りは楽しいと思っています。 竿を手に持ちリールを巻いている途中に、竿先にアタリが出た瞬間は、「お~来た、来た!!食った、食った!!」っと、いうなんとも言えない幸せを感じるからです。

私は、技量はありませんから、何度か竿先にコンコンとアタリが出てからアワセるようにしています。要するに、送り込んで食わせてからリールを巻き上げます。

このリールを巻き上げてくる時も、ワクワクドキドキです。私の行く釣り場では、手のひらサイズなら良型で、これぐらいのカワハギですと、良く引き手元に来るまで楽しませてくれます。

釣り上がるとブヒブヒと言っています。
少なくとも私にはそう聞こえるのですが・・・

また、沖磯などでは30センチをこえるようなカワハギも釣れるそうなので、どんな引きをするのか想像しただけでも楽しくなってきますね。

キス釣り同様カワハギも引き釣りの方が得策だと思っています。

虫エサがメインでアサリの剥き身も

カワハギ釣りのエサは、アサリの剥き身が定番です。 アサリの剥き身ですが、投げ釣りで狙う場合、キャスティング時に身切れのおそれがあるので、塩漬けなど工夫する必要があります。

しかし、遠投には不向きなので、虫エサをメインに使います。値段がお手頃なアオイソメで十分釣りを楽しむ事が出来ます。

ここで、虫エサのお勧めがマムシ(本虫)です。このエサは、カレイ釣りで有名ですが、投げ釣りで釣れる魚の殆どをカバーすると言って良いぐらい万能な釣りエサです。

ただ、このマムシ(本虫)はアオイソメなどの、他の虫エサに比べると少々お高い。しかし、高いだけあって他の虫エサよりも魚の喰いは良く、カワハギもその他の魚も良く釣れます。

ちなみに、下記の図は私がカワハギを狙う時の仕掛けです

ロッド
テンビン 投げ釣り専用の竿とリール
ライン(3号)+チカラ糸
サルカン 海草テンビン20号
モトス サルカン
ハリス 3本より約50センチ
モトス5号
エダス ハリス2号
ハリ カワハギ4号針
(針数は2本で十分です)

リンク

釣り場